メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

食と戦争

戦後72年/5止 消えて、現れた畑 桃は「幻の飛行場」、校庭はイモに /和歌山

紀の川沿いの桃畑を見渡す前尾和男さん。指さす先には戦時中、飛行場が整備されていた=和歌山県紀の川市で、石川裕士撮影

 全国有数の桃産地で知られる紀の川市桃山町。一面に広がる桃畑が、太平洋戦争末期、ほぼ姿を消した。「あれは幻の飛行場だった」。同町の桃農家、前尾和男さん(83)は、桃の木を引き抜く作業に従事した当時のことを今もはっきりと覚えている。

 旧桃山町誌などによると、1944年ごろ、陸軍から安楽川(あらかわ)村(当時)の村長に「本土決戦に備え、陸軍飛行場を造る」と伝えられた。桃畑を切り開き、紀の川南岸に全長1・5キロ、幅100メートルの滑走路を整備する計画だった。

 陸軍部隊が作業にやってきたが、国民学校の児童も手伝いに駆り出された。当時高学年だった前尾さんも数十…

この記事は有料記事です。

残り801文字(全文1079文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  2. ふるさと納税 過度な返礼品大幅減 来年度から制度外に
  3. フィギュアGP 羽生SP首位、世界最高得点で ロシア杯
  4. 東アジアサミット 南シナ海 米、妥協せず 副大統領、中国領土拡張「違法」
  5. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです