メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イスラエル・エンドレスウォー

第3章 インテリジェンス最前線/1(その2止) 友好国で奇襲攻撃 想定外事態重なり未遂

 

 「テロリストに安息の地はない」。イスラエル諜報(ちょうほう)機関モサドの元長官、ダニー・ヤトム氏は、「自衛」のための先制攻撃の正当性を今も主張する。

 パレスチナ自治区ガザ地区を実効支配するイスラム原理主義組織ハマス。その政治部門代表のハレド・メシャル氏暗殺作戦は、1997年9月25日午前10時半に始まった。モサド工作員の2人は、ハマス本部が入居するヨルダンの首都アンマン中心部のビルの前でメシャル氏を待ちぶせた。車から本人と運転手、メシャル氏の子供3人が現れた。「想定外の事態が起きたら中止」。ヤトム氏は現場にそう伝えていたため、司令官は子供の姿を見て中止サインを送ったが、柱の陰になり工作員が見落とした。

 「想定外」はさらに続く。工作員2人は事前に、イスラエルの街頭で予行演習を重ねていた。1人が炭酸飲料…

この記事は有料記事です。

残り1303文字(全文1660文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
  2. 棚橋弘至選手 「笑顔、無理ですよ…」 “恩人”の手紙に男泣き 寺田心も涙
  3. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  4. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  5. はやぶさ2 リュウグウに着陸 表面画像撮影にも成功

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです