メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

丹下日出夫のズバッと

新潟11R・日本海S (土曜競馬)

本領発揮、ゼウスバローズ

 ゼウスバローズはダービー馬ディープブリランテの二つ下の全弟という良血。兄とは身体のパーツも戦法も異なり、長期休養もあって成長曲線も緩やかだったが、2走前に快勝した調布特別の上がりが33秒0。続く前走マレーシアCはスローに泣き、追い込み届かず3着に敗れたものの、後半5ハロンすべて推定11秒台のラップを計時し、レースの上がりを1秒9も上回る33秒2の爆発力を見せた。血統馬がいよいよ本領を発揮し始めた。今回は直線の短い新潟内回り2200メートルで、3~4コーナーをロスなく回る技術が求められるが…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日高線運休区間グーグルマップから消える 関係者困惑
  2. 質問なるほドリ TOBなぜするの? 市場外で株式買い増し 経営見直し迫る=回答・釣田祐喜
  3. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  4. デサント 社内融和、ブランドイメージ立て直し急務
  5. 名古屋城復元 工期遅れ決定的に 有識者会議、解体方法を否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです