メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

禁煙

18社健保が連合体 58万人加入 遠隔外来治療

 日産自動車、日本航空、リクルートグループなど大企業18社の健康保険組合が、加入者58万人規模の連合体(コンソーシアム)を作り、遠隔禁煙外来による治療に取り組む。東京五輪・パラリンピックのある2020年までに喫煙率を5%下げ、3万人規模の加入者を禁煙させる。厚生労働省は先月、対面診療なしの完全遠隔禁煙外来を健保組合などの事業として初めて認めたが、最初の社会実験となる。企業の禁煙への動きが加速しそうだ。

 健保組合の多くは高齢化で財政難に直面、医療費を押し上げる喫煙を抑制する課題に迫られている。また各社…

この記事は有料記事です。

残り462文字(全文714文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 住宅ローン減税、現行の10年から13年に 3年延長検討 消費増税対策で
  2. 盗難の松本清張全集、ファン寄贈 北九州の図書館、書棚に戻る
  3. ふるさと納税 高額返礼品廃止で急減「ふり回された」
  4. 麻生財務相の言いたい放題、なぜ許される 批判の声と許容の声
  5. ふるさと納税、偽サイト乱立 大幅「割引」うたい返礼品届かず 福岡県警が捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです