メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

「われわれは自問する。自分ごときが賢く…

 「われわれは自問する。自分ごときが賢く、優雅で美しく、才能ある素晴らしい人物であるはずがなかろう。だが、そうあってはなぜいけないのか」。南アフリカのアパルトヘイト(人種隔離)の撤廃を勝ち取ったマンデラ元大統領の言葉である▲人間の尊厳を求め続けて獄中の27年間を耐えたマンデラ氏は、私たちに勇気と希望を与えるいくつもの言葉をこの世に残した。そして先日、米国のトランプ政権下でオバマ前大統領は同氏の次のような言葉をツイッターでつぶやいた▲「生まれた時から肌の色や育ち、宗教で他人を憎む人などいない」「人は憎むことを学ぶのだ。もし憎しみを学べるのなら、愛を教えることもできる。愛は憎しみよりも、人の心に自然に生まれる」▲これがツイッター史上最多の「いいね」を集めたのは、白人至上主義者らと反対派の衝突をめぐるトランプ大統領の姿勢に抗議が高まっていたからだ。反対派に死者が出る惨事に、大統領が「非は双方にある」との発言を繰り返した▲ネオナチらに甘いと見られたトランプ氏には与党の批判も続出、有力経済人の拒否反応にも直面した。リベラル派の建前に反発する白人保守層にとりいる当人には選挙中からの得意芸だろう。しかし今はもう大統領なのを忘れたのか▲「指導者には民衆を正しい方向に導いているとの自信の下、みんなより先を行き、新たな針路を開かなくてはならぬ時がある」もマンデラ氏だ。差別の病に引きずられる指導者は米国をどこへと導くのか。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 暴行容疑 元レスラー長与千種さんの髪つかむ 男を逮捕
    2. 女の気持ち いじめ 東京都町田市・匿名希望(団体役員・66歳)
    3. さいたま 片山さつき氏の著書看板、条例違反 白塗り処置
    4. 高校野球 練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡
    5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです