メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

和の美しさ再発見 ドローンで撮影

都心とは思えない森に囲まれた迎賓館赤坂離宮=東京都港区で、小型無人機で小川昌宏撮影

 うっそうと茂った森を背にし、優雅なたたずまいをみせる迎賓館赤坂離宮(東京・元赤坂)を、毎日新聞が初めて小型無人機ドローンで取材し、地上やヘリからでは見えにくい屋根の装飾などを撮影した。

 迎賓館はネオ・バロック様式の国宝建造物(1909年)。政府重要施設付近での飛行は禁じられており、撮影は国の許可を得て実施した。

 ドローンが送ってきた映像で、白亜の館と前庭が左右対称になっているのがよく分かる。緑青に覆われた屋根とのコントラストも美しい。降下して正面玄関に近寄ると、屋根によろいかぶとの装飾を見つけた。紀州徳川家の江戸中屋敷があった土地だけに、和の心も施されたのだろう。こんな歴史を感じる発見が楽しい。【中澤雄大】

迎賓館赤坂離宮の屋上に設置されたよろいかぶとの装飾=東京都港区で、小型無人機で小川昌宏撮影

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 坂村健の目 被ばく影響、科学界の結論
  2. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬
  3. トランプ氏 「国連で演説、恥ずかしい」…NYで抗議デモ
  4. 安室奈美恵さん 来年引退へ 公式サイトで発表
  5. 北朝鮮 「むかっとしてミサイル」 元料理人に正恩氏発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]