メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バルセロナテロ

死傷者に多くの外国人 関係国、情報収集

テロがあったランブラス通りで花を手向ける女性ら=スペイン北東部バルセロナで2017年8月18日、賀有勇撮影

 スペイン北東部のバルセロナなど2都市で相次いで起きた車によるテロ事件では、死傷者の中に、相当数の外国人が含まれていたことが徐々に分かってきた。多くは夏のバカンスを楽しむために訪れていた観光客とみられ、欧州を中心に各国が対応に追われている。【バルセロナ賀有勇、ベルリン中西啓介、北京・河津啓介】

 地元当局によると、二つの事件の死者とけが人の国籍は、オランダ、ギリシャ、中国、ベネズエラなど計34カ国に上るという。スペインメディアによると、警察は14人の犠牲者のうち3人がドイツ人で、1人はベルギー人だと認めたという。

 英紙ガーディアンによると、フランス外務省は18日、けが人の中にフランス人が26人含まれると明かした…

この記事は有料記事です。

残り601文字(全文909文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. Dr.北村が語る現代思春期 危険な「セクスティング」 削除できない性的画像
  2. モルディブ 野党連合のソリ氏、大統領に
  3. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  4. 教育の窓 ランドセルが重い 教材置いてっていいですか
  5. 「灯り路」 秋夜に浮かぶ中山道 柔らかな光楽しむ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです