メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イスラエル・エンドレスウォー

第3章 インテリジェンス最前線/4 長期展望なき暗殺

ハリル・ワジル司令官を描いた絵の前で、暗殺の夜を振り返る妻インテサールさん(右)と長女イーマーンさん=ヨルダン川西岸ラマラで

PLO司令官の死、憎悪を拡大

 「イスラエルは、どう殺すかには果てしなく時間とエネルギーを費やすが、誰を、なぜ殺すのか、そして長期的影響も十分に考えない」。元イスラエル海軍長官のアミ・アヤロン氏は、1988年4月にチュニジアで起きた暗殺の意義を問う。

 殺されたのは、故アラファト・パレスチナ自治政府議長の盟友、パレスチナ解放機構(PLO)のハリル・ワジル(アブ・ジハード=闘争の父)司令官。

 英国統治下のヨルダン川西岸ラマラで育った。11歳だった46年、ユダヤ人軍事組織の襲撃を受けて村を追…

この記事は有料記事です。

残り1472文字(全文1716文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ローマ・カトリック教会 前田大司教を枢機卿に任命
  2. 安倍首相 観閲式視察 中国、北朝鮮をけん制
  3. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
  4. NHK杯体操 男子個人総合 内村が10連覇
  5. 旧優生保護法 強制不妊、妻に言えず 提訴の男性「人生返して」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]