メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

走り続けて

学びの多いマラソン 研究費寄付依頼にも一役=山中伸弥

2017年2月の京都マラソンで=小松雄介撮影

 今年7月23日、米国サンフランシスコマラソンに出場しました。国外でのマラソンは初めてです。スタートは午前5時半過ぎの夜明け前。着替えを入れた袋を預かってくれるはずのトラックが、スタート10分前になっても来ません。仕方なく、その場に袋を放置してスタートしました。

 前半のハイライトは観光名所である金門橋の往復。ところが、深い霧で前のランナーしか見えず、強風の中を泣きそうになりながら走りました。その後は霧が晴れましたが、サンフランシスコ名物の坂に苦しめられ、徐々にペースダウンしてしまいました。沿道の応援もまばらで、心が折れそうになりながら何とか完走しました。

 荷物のトラックから自分の袋が出てきたことが、一番うれしかったことです。悪条件の金門橋でペースを上げ…

この記事は有料記事です。

残り966文字(全文1296文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 働き方法案可決 人の命かかってるのに 傍聴席ぼうぜん
  2. 働き方改革関連法案 高プロ「働かされ放題」の恐れ
  3. 質問なるほドリ 「高プロ」って何?=回答・早川健人
  4. 石川・粟津駅 2男児、特急と接触か 1人死亡1人重体
  5. 水族館 ヒョウモンダコが産卵 触手で抱えるように 長崎

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]