メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

命から学んで

農芸高創立100周年/10 生き生き、販売実習 育てた野菜が食卓へ /大阪

ナスの収穫をする鷺岡汰郎さん=堺市美原区の府立農芸高で、亀田早苗撮影

 府立農芸高校(堺市美原区)ハイテク農芸科の生徒たちが、泉北高島屋(堺市南区)で野菜を販売した。年2回恒例の実習だ。農業では、生産から加工、流通・販売までを一体化し、付加価値を高める「6次産業化」が注目される中、生徒たちは丹精込めた野菜が食卓に上がるまでを学ぶ。

 7月の午前6時過ぎ、同科野菜専攻2年、鷺岡汰郎さんがナスを収穫していた。枝や葉をかき分けて畑の中を歩き、目を凝らして食べごろを探し、パチンとはさみを入れる。取りたてのナスは、いかにもみずみずしい。

 よく出回っている「千両ナス」のほか、40センチ以上の「大長ナス」や黄緑色の「白神ナス」、量は少ない…

この記事は有料記事です。

残り1034文字(全文1314文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  2. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?
  3. 韓国国会議長「日本は盗っ人たけだけしい」 謝罪要求に反発
  4. 安倍首相「桜田氏が東京五輪招致尽力」発言を訂正 前任と混同
  5. 特集ワイド 「ツイッターの妖精引退」宣言した女優、春名風花さん 現実世界に居場所、必ずある

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです