メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イスラエル・エンドレスウォー

第3章 インテリジェンス最前線/6 名門一族からスパイ

名門パレスチナ一族ラジューブ家に生まれたアベド・ラジューブ氏は23年間、イスラエル対内諜報機関シンベトのスパイだった=イスラエル南部アシュケロンで

パレスチナ社会を分断

 イスラエルが1967年の第3次中東戦争以降、占領を続けるヨルダン川西岸地区。その南部ヘブロン出身の名門一族ラジューブ家に生まれたアベド・ラジューブ氏(58)は、81年から23年間、イスラエルの対内諜報(ちょうほう)機関シンベトのスパイだった。一族は現在も、パレスチナ自治政府の主流派政党ファタハ幹部らを輩出している。

 スパイへの勧誘を受け入れたのは、ファタハの域外諜報員だった80年。パレスチナ国家建設の実現性を悲観…

この記事は有料記事です。

残り1467文字(全文1686文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
  2. アジア大会 競泳表彰式で中国と日本の国旗が落下トラブル
  3. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  4. 近鉄 ホームに沈む可動柵 新型、数年内導入
  5. 福岡4人水死 「離岸流」原因か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです