メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

雨のち晴れ

バス開発からトラック営業 日野自動車社長・下義生さん

米国日野自動車販売上級副社長時代の下義生さん(左から2人目)=本人提供

顧客の要望 常に意識

 入社してから13年間、設計などを中心にバスの開発に従事しました。このまま技術畑を歩み「最後はチーフエンジニアになって好きなバスをつくりたい」と漠然と思っていましたが、14年目の1994年、思いもよらない異動を命じられました。岡山県にある販売会社への1年間の駐在です。

 技術に通じた社員が営業に同行し顧客から要望を聞いて回るという、前年に始まった社内制度に、なぜか選ばれたのです。1期生4人と2期生の私以外の3人は全員部長級。私だけ係長でした。しかも、営業はトラックが中心。バス畑だった私は、着任までの約2カ月間、トラックの勉強に追われました。

 営業社員と一緒に地元の運送会社などを毎日十数軒回りますが、簡単に注文は取れません。見向きもされない…

この記事は有料記事です。

残り851文字(全文1183文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 阿波踊り どうして対立印象づける悪循環に陥ったのか
  2. 2歳児保護 ぬかるみの道 薄暗い沢 尾畠さんが案内
  3. 夏の高校野球 浦和学院、二松学舎との関東対決制し8強
  4. ジャカルタ・アジア大会 お粗末、抽選入れ忘れ サッカー開始前倒し
  5. 夏の高校野球 済美14年ぶり8強 高知商の強打封じる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです