メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

天皇陛下「おことば」から1年=竹中拓実(東京社会部)

幕末に十四代将軍徳川家茂と結婚した和宮親子内親王の死去について伝える明治10年の公文書。「二品」は親王・内親王の位。明治政府は和宮を皇族とみなしていた=国立公文書館所蔵の「太政類典」から

皇位継承、議論を緒に

 退位の意向がにじむ天皇陛下のビデオメッセージ公表から1年がたち、皇位継承時期などの検討が本格化する見通しとなった。だが、残る大きな課題がある。安定的な皇位継承に向けての議論である。現状のままでは皇族の減少は避けられず、皇位継承は不安定さを増すばかりだ。

 何年にもわたって指摘されながらも一向に前進しないこの問題の根幹には、歴史上続いてきた天皇の男系継承をどう考えるかという論点がある。女系継承への反対論は根深く、現状では国民的合意は困難である。それゆえに政治もこの問題には触れてこなかった。

 長らく皇室担当として取材してきた経験を踏まえ、女性皇族は結婚後も皇室に残れる▽男系の旧宮家の復帰を…

この記事は有料記事です。

残り1753文字(全文2059文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「『ちぇるちぇるらんど』すいません」に玉城知事「デニーズは僕の店…」 表敬訪問 /沖縄
  2. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  3. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  4. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  5. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです