メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イスラエル・エンドレスウォー

第3章 インテリジェンス最前線/7 「治療」条件、スパイ勧誘

手術を受けられないまま亡くなったアフマド・シュバイルさんの勉強机。「高校に行くのを楽しみにしていた」と語る父親のシュバイルさんと母アマルさん=パレスチナ自治区ガザ地区で2月

拒んだ心臓病の少年、死去

 「我々は君を助けるのだから、君も我々を助けてほしい」。イスラエルの病院で心臓病の手術を受けるため、イスラエルが封鎖するパレスチナ自治区ガザ地区からの出域許可を求めたアフマド・シュバイルさん(当時17歳)に、イスラエルの諜報(ちょうほう)機関シンベトは情報提供を求めたという。

 アフマドさんは先天的な心臓疾患があり、2000~11年にかけて計3回、イスラエルの病院で手術を受けた。07年、イスラム原理主義組織ハマスがガザを制圧。イスラエルは「テロ対策」として人と物の出入りを規制し、ガザ市民はイスラエルの許可なく出域できなくなった。双方は過去10年で大規模戦闘を3回繰り返している。

 新たな手術が必要となった16年10月、母アマルさん(51)が渡航を申請すると、イスラエルとの境界に…

この記事は有料記事です。

残り1370文字(全文1723文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
  2. アジア大会 競泳表彰式で中国と日本の国旗が落下トラブル
  3. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  4. 近鉄 ホームに沈む可動柵 新型、数年内導入
  5. 福岡4人水死 「離岸流」原因か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです