メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

栄養ドリンク

縮む市場 巻き返しへ女性客開拓

 栄養ドリンク剤の市場が縮小している。消費を支えてきた団塊世代の引退や若者のドリンク剤離れが背景にある。製薬会社は女性など新たな顧客開拓や飲み方の提案を強化し、巻き返しを図る。

 市場調査会社のインテージによると、2016年度のドリンク剤の市場規模は1774億円。ピーク時の01年度から3割以上減った。

 「ドリンク剤で疲労を回復し、夜遅くまで残業するような働き方は忌避されつつある」(大手製薬)といい、働き方改革の影響まで指摘されている。

 「レッドブル」などエナジードリンクが普及したこともドリンク剤の需要を奪った。エナジードリンクは疲れ…

この記事は有料記事です。

残り527文字(全文795文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夏の高校野球 秋田県民「正直驚いた」金足農快進撃のなぜ
  2. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  3. 夏の高校野球 大阪桐蔭、2度目の春夏連覇 史上初
  4. 夏の高校野球 個の力に頼らない強さ 大阪桐蔭
  5. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです