メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

街の記憶

駅いまむかし 相鉄いずみ野線・緑園都市駅 大学と教会が彩り /神奈川

現在の緑園都市駅。改良工事で上下線のホームに設置された展望台と庭園は今も健在だ

 横浜市旭区の二俣川駅と藤沢市の湘南台駅の11・3キロを結ぶ相模鉄道(相鉄)いずみ野線。緑園都市駅(横浜市泉区)は沿線のニュータウン開発の中心駅として、1976年4月8日に開業した。緑にあふれ洗練された都市型の生活を送れる街をイメージし、その名がつけられた。

 相鉄で長年、緑園都市の開発に携わった山岡進さん(70)は「駅の周りは田んぼばかり。雨が降るとぬかるんで、長靴がないと歩けなかった」と開業当時を振り返る。

 それが今、改札を抜けて南万騎が原駅方面に歩くと、駅名の通り緑があふれる遊歩道「四季の径(みち)」が…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 平成最後のお年玉 年賀はがき当選番号が決定
  2. ORICON NEWS NGT48も松本人志も救う? “地獄見た”指原莉乃の神がかった対応力
  3. ORICON NEWS 安室奈美恵さん、引退決断した理由語る 7年前に声帯壊し「限界なのかな」と不安も
  4. ORICON NEWS 松本人志、HKT指原への「体を使って」発言を弁明 カットしなかったのは「鬼のようにスベったから」
  5. 世界経済・見て歩き 仏・フラン ルノー工場 ゴーン流、うんざり トイレは2回、過酷さに悲鳴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです