メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

戦後50年を迎えた1995年8月15日の毎日新聞の社説は「八月にしか平和を論じないと皮肉られる“八月ジャーナリズム”」に自戒を込めて言及している

 Q 今月は戦争と平和がテーマの報道をよく目にするね。

 A 6日の広島原爆、9日の長崎原爆、15日の終戦の日の前後に、毎年関連する記事や番組が多くなります。「戦争の悲惨さを忘れず伝えよう」との願いが込められていますが、こうした報道は8月ばかりになりがちだとの批判もあります。「8月ジャーナリズム」という言葉もあります。

この記事は有料記事です。

残り710文字(全文869文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 体罰 教諭2人懲戒処分 炎天下ランニングで生徒一時重体
  2. トランプ米大統領 モンテネグロ守れば「第三次大戦」 NATO集団防衛義務、疑問視
  3. サッカー日本代表 監督に森保一氏就任へ 26日決定
  4. 京急 駅名が「北斗の拳」仕様に 「かぁまたたたたーっ」
  5. コトバ解説 「熱中症」と「熱射病」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]