メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

18歳のリスク

キャッチセールス 不要な物ははっきり断る

イラスト・立川善哉

 若者が遭(あ)いやすい被(ひ)害(がい)の一つがキャッチセールスだ。勧(かん)誘(ゆう)員が駅前や繁(はん)華(か)街(がい)などで「アンケートに答えてほしい」「近くで絵画の展示会をしているから見ていかないか」などと声を掛(か)け、喫(きっ)茶(さ)店(てん)や事務所に連れて行き高額な商品やサービスを契(けい)約(やく)させる販(はん)売(ばい)方法だ。

 一例を紹(しょう)介(かい)すると、20代のAさんは街を歩いていた時、女性から「アンケートに協力し…

この記事は有料記事です。

残り689文字(全文918文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. WEB CARTOP 男子が乗るとドン引かれる!  あまりに見た目がカワイすぎるクルマ5選
  2. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」
  3. コトバ解説 「フクロウ」と「ミミズク」の違い
  4. ORICON NEWS 元AKB48・高城亜樹&J1サガン鳥栖・DF高橋祐治が結婚発表「明るく穏やかな家庭を」
  5. 堺市長「赤字」パーティーも 自身も疑問視の政治資金問題 収拾つかず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです