メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

8月のニュースファイルミニ8

周りにミニ銀河が発見されたクジラ銀河(中央右上)=東北大、国立天文台提供

■銀河の歴史を知る「化石」を発見

     東北大学と国立天文台のチームは8月3日、地球から2283万光年離れた通称「クジラ銀河」の周りに、宇宙誕生まもない130億年ほど前にできたとみられるミニ銀河を13個発見し発表しました。

     小さな銀河が集まって大きな銀河ができると考えられています。発見されたのは11個の小さな銀河と2個の細長い恒星の集まりで、クジラ銀河の歴史を知る手がかりになる「銀河の化石」と言われています。

    ★ポイント

     これほど遠くの銀河の周りに多くの「化石」を一度に発見したのは世界初。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 坂村健の目 被ばく影響、科学界の結論
    2. 安室奈美恵さん 来年引退へ 公式サイトで発表
    3. 鈴木貴子議員 女児を出産 妊娠公表でバッシングも
    4. 安倍首相 消費税10%引き上げ「答え出す」NYで演説
    5. 世界の雑記帳 「ジョン・レモン」の飲料名は商標権侵害、オノ・ヨーコさんが抗議

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]