メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

よくわかるニュース 8月のニュースファイルミニ8

周りにミニ銀河が発見されたクジラ銀河(中央右上)=東北大、国立天文台提供

■銀河の歴史を知る「化石」を発見

     東北大学と国立天文台のチームは8月3日、地球から2283万光年離れた通称「クジラ銀河」の周りに、宇宙誕生まもない130億年ほど前にできたとみられるミニ銀河を13個発見し発表しました。

     小さな銀河が集まって大きな銀河ができると考えられています。発見されたのは11個の小さな銀河と2個の細長い恒星の集まりで、クジラ銀河の歴史を知る手がかりになる「銀河の化石」と言われています。

    ★ポイント

     これほど遠くの銀河の周りに多くの「化石」を一度に発見したのは世界初。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日馬富士暴行 リモコン、灰皿で殴打 個室モンゴル勢のみ
    2. 名古屋・私立高 男子26人、女子装い電子マネー要求 
    3. クローズアップ2017 日馬富士関暴行 「キレた横綱」混迷 証言食い違い/報告遅れ
    4. 日馬富士暴行 「堂々巡りだから」貴乃花親方、法的手段も
    5. 日馬富士暴行 任意聴取で認める 診断医師は重傷否定

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]