メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界陸上

男子50キロ競歩「銅」小林選手、秋田工に凱旋 「今を全力で頑張って」 /秋田

在校生に迎えられ、銅メダルをさげて入場する小林快選手(中央)=秋田市で

 8月中旬にロンドンであった陸上の世界選手権の男子50キロ競歩で3位に輝いた小林快選手(24)=ビックカメラ=が24日、母校の秋田工業高(秋田市保戸野金砂町)に凱旋(がいせん)し、後輩約600人に「世界に羽ばたけるよう、今を全力で頑張って」とメッセージを送った。

 小林選手は同高陸上競技部に所属し、2011年3月に卒業した。

 銅メダルをさげ、会場の体育館に入場すると、在校生から大きな拍手で迎えられた。

この記事は有料記事です。

残り269文字(全文470文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. みんなの広場 「満員御礼」幕の下に空席が=小学校非常勤講師・岩代孝一・60
  2. 首相検討 甘利氏、党要職起用へ 2日に閣僚認証式
  3. 広島・原爆資料館 本館メイン展示に「3日後の少女写真」
  4. 広島原爆 「鉛のような味がした」エノラ・ゲイ搭乗員証言
  5. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです