メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

「若者のがん」への対策

 今年6月に34歳で亡くなったフリーアナウンサーの小林麻央さん。がんは中高年に多い病気だが、小林さんは32歳という若さで乳がんが見つかり、小さな子どもを抱えながら闘病した。10~30代の若い世代は「AYA世代」と呼ばれ、毎年約2万人ががんと診断されている。若いがん患者が直面する課題と必要な対策を聞いた。

この記事は有料記事です。

残り4453文字(全文4605文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. NHK紅白 サチモスなど7組初出場 TOKIO選ばれず
  5. 熱血!与良政談 改革後19年の惨状=与良正男

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです