メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自治体シリーズ

首長に聞く 香川・宇多津町 小さな町の魅力づくり 住みやすさで人口増 子育て支援、手厚く

 全国で最小面積の香川県にあって最も小さな自治体が宇多津町だ。コンパクトな町の中には新しさと古さが同居し、そうした魅力を生かした町づくりが人口増加につながっている。これまでの取り組みと今後の課題について谷川俊博町長(60)に聞いた。【聞き手、毎日新聞高松支局長・成沢健一】

 -47都道府県で最小の県で一番小さな宇多津町の取り組みが注目されています。

 ◆面積8・1平方キロの小さな町をPRするとともに、定住・移住を促進することを目的に、昨年は映画「シ…

この記事は有料記事です。

残り2731文字(全文2955文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  2. ふるさと納税、偽サイト乱立 大幅「割引」うたい返礼品届かず 福岡県警が捜査
  3. ミナミ拠点の半グレ集団「アビス」リーダーら数十人逮捕 傷害容疑など
  4. ORICON NEWS 2018年 今年の漢字は「災」に決まる  “平成最後”過去23年間分も紹介&解説
  5. ふるさと納税 印西市の返礼品、地酒除外なぜ? 神崎の酒蔵に委託、地場産認められず /千葉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです