メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地域医療を考える

がん治療の最先端 ロボット操作で遠隔手術 宇和島市立宇和島病院・梶原院長に聞く

 医学の進歩により、がんによる死亡率は減っている。がん治療の最先端はどういった現状なのか。早期発見のためにはどうすればいいのか。2008年に地域がん診療連携拠点病院の指定を受け、がん拠点病院としての役割を担う宇和島市立宇和島病院の梶原伸介院長に聞いた。【聞き手は毎日新聞松山支局次長・久保聡】

画像共有し状況を把握

 --地域がん診療連携拠点病院とはどのような病院なのでしょうか。

 ◆全国どこの地域でも質の高いがん医療が受けられるように、厚生労働省が指定しています。さまざまな要件…

この記事は有料記事です。

残り2202文字(全文2440文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 田中圭がCMで肉体美を披露 人魚の姉妹たちもうっとり
  2. 「非正規に励み」「画期的な判決」 ボーナス不支給違法判断、大阪高裁
  3. アクセス 即位で10連休、非正規悲鳴 月7万円減収/人手不足で「働き詰め」 格差の放置浮き彫り
  4. 墜落 空自戦闘機、山口沖に 乗員2人救助 築城基地所属
  5. 「手術女性患者にわいせつ」医師に無罪判決 「女性に性的幻覚の可能性」 東京地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです