メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地域医療を考える

がん治療の最先端 ロボット操作で遠隔手術 宇和島市立宇和島病院・梶原院長に聞く

 医学の進歩により、がんによる死亡率は減っている。がん治療の最先端はどういった現状なのか。早期発見のためにはどうすればいいのか。2008年に地域がん診療連携拠点病院の指定を受け、がん拠点病院としての役割を担う宇和島市立宇和島病院の梶原伸介院長に聞いた。【聞き手は毎日新聞松山支局次長・久保聡】

画像共有し状況を把握

 --地域がん診療連携拠点病院とはどのような病院なのでしょうか。

 ◆全国どこの地域でも質の高いがん医療が受けられるように、厚生労働省が指定しています。さまざまな要件…

この記事は有料記事です。

残り2202文字(全文2440文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  2. ふるさと納税 過度な返礼品大幅減 来年度から制度外に
  3. フィギュアGP 羽生SP首位、世界最高得点で ロシア杯
  4. 東アジアサミット 南シナ海 米、妥協せず 副大統領、中国領土拡張「違法」
  5. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです