メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地域医療を考える

がん治療の最先端 ロボット操作で遠隔手術 宇和島市立宇和島病院・梶原院長に聞く

 医学の進歩により、がんによる死亡率は減っている。がん治療の最先端はどういった現状なのか。早期発見のためにはどうすればいいのか。2008年に地域がん診療連携拠点病院の指定を受け、がん拠点病院としての役割を担う宇和島市立宇和島病院の梶原伸介院長に聞いた。【聞き手は毎日新聞松山支局次長・久保聡】

画像共有し状況を把握

 --地域がん診療連携拠点病院とはどのような病院なのでしょうか。

 ◆全国どこの地域でも質の高いがん医療が受けられるように、厚生労働省が指定しています。さまざまな要件…

この記事は有料記事です。

残り2202文字(全文2440文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  2. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏を支持
  3. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  4. 小泉進次郎・自民筆頭副幹事長 「モリカケやっぱりおかしい」 特別委設置求める
  5. 自民党総裁選 安倍首相が連続3選 石破元幹事長破る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです