メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

賃貸住宅

新築、曲がり角 着工1年8カ月ぶり減 「過剰融資」指摘に銀行自重

 活況を呈していた賃貸住宅の新築が曲がり角に差し掛かっている。国土交通省が発表したアパート建設を含む貸家の6月の新設着工戸数は前年同月比2・6%減の3万5967戸で、1年8カ月ぶりに前年割れ。金融庁や日銀がアパートローンへの過剰融資を問題視する中、金融機関が新規融資を控えたためとみられる。アパート建設会社は対応を模索しているが、既存アパートの空室リスクなどの課題も抱えている。

 賃貸住宅建設がマイナスに転じた背景には、アパートなど貸家業を営む個人への2017年4~6月の銀行新…

この記事は有料記事です。

残り574文字(全文813文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 女性描くリアルな “油絵”がSNSで反響「興味のない人にも届けたい」
  2. WEB CARTOP 新東名高速の6車線化が決定! 渋滞もしていないのに900億円をかけて実施する理由とは
  3. みなとみらいにロープウエー 20年開業目指す 桜木町駅と運河パーク結ぶ
  4. 駅弁「かにめし」車内販売終了へ 鉄道ファンから惜しむ声
  5. 三重の国道交差点で警察官死亡 ひき逃げか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです