メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぷらすアルファ

O157 家でできる対策

ぷらすアルファ(α)

 病原性大腸菌O157による食中毒が相次いでいる。埼玉、群馬両県の総菜店で購入したポテトサラダを食べ、感染。横浜市や埼玉県川越市、津市などでも発生した。O157に限らず、気温が上がって菌が増える6~9月は食中毒が起きやすい。家庭でできる対策を徹底したい。

 食中毒の原因は、細菌とウイルスに大きく分けられる。細菌には、病原性大腸菌、カンピロバクターがあり、ウイルスの代表的なものはノロウイルスがある。厚生労働省によると、2016年の食中毒発生件数1139件のうち、細菌が42・1%、ウイルスが31・3%だった。病原性大腸菌の中でもO157やO111などの腸管出血性大腸菌は毒性が強く、1998年に厚労省が統計を取り始めてから、年間8~27件発生している。

この記事は有料記事です。

残り1509文字(全文1845文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夏の高校野球 秋田県民「正直驚いた」金足農快進撃のなぜ
  2. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  3. 夏の高校野球 大阪桐蔭、2度目の春夏連覇 史上初
  4. 夏の高校野球 個の力に頼らない強さ 大阪桐蔭
  5. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです