メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

学校から

第2部 中国共産党大会を前に/3 入試のため移住決断 北京追われる中産階級

中国の有名大学の一つ「清華大」は夏休み中、学内見学の親子連れが校門に行列を作る=2017年8月16日、河津啓介撮影

 中国の北京や上海は大気汚染、慢性的な渋滞などの「大都市病」が深刻だ。そのため、習近平指導部は農村から地方都市への人口流入は容認しながら、北京や上海の人口は厳しく抑制する都市政策を進めている。

 「北京に来て12年間、仕事も子育てもここで頑張ったけれど、仕方ない」

 北京の会社員、辺琳琳さん(37)は数年後、一人娘と夫の実家である山西省へ移住する決断をした。河北省出身、大学卒業後に北京へ。2007年に結婚し、夫婦そろってIT企業に勤め、北京にマンションを購入した。12年に生まれた娘は幼稚園児。中国経済をけん引する新たな中産階級だ。

 辺さんが北京を去る理由は、将来の娘の大学入試のためだ。毎年6月にある中国の大学統一入試「高考」は、…

この記事は有料記事です。

残り596文字(全文912文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ローマ・カトリック教会 前田大司教を枢機卿に任命
  2. 安倍首相 観閲式視察 中国、北朝鮮をけん制
  3. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
  4. NHK杯体操 男子個人総合 内村が10連覇
  5. 旧優生保護法 強制不妊、妻に言えず 提訴の男性「人生返して」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]