メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もう一度食べたい

薬水の梨 シャキシャキ、特別「廿世紀」

樹齢100年を超す廿世紀梨の下で「昔の品種は強い」と話す中元さん(左)と阪口さん

 「子どもの頃に食べた“薬水の梨”。あの梨をもう一度食べたい」。便箋につづられた思い出の味。薬水の2文字には「くすりみず」のルビが振られていた。この梨は品種ではなく、恐らく地名であろう。どこの、どんな梨なのか。取材を始めると、私の住む千葉県と意外な関係が--。

 手紙の差出人は兵庫県明石市の主婦、奥敦子さん(50)。電話すると「ふる里は奈良県の桜井市。小学生の頃、運動会には必ずお重に詰めた薬水の梨を持って祖母が応援に来てくれた。それがみずみずしくて、おいしくて。そんな味が今も忘れられない」。町の果物屋さんに聞いても「薬水の梨? 知らない」と首を振られたという。

 だが、奥さんのふる里に何かの手がかりがありそうな気がする。周辺市町村にまで広げて「薬水」の地名を探…

この記事は有料記事です。

残り1390文字(全文1722文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加害者更生 ストーカー治療2割 大半が受診拒否
  2. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
  3. 安倍首相 観閲式視察 中国、北朝鮮をけん制
  4. 介護 人手不足続く 需要高まるも負担増で悪循環に
  5. 故郷遥か 川口のクルド人 第3部/1 来日16年、入管収容の女性 「日本にいさせて」 /埼玉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]