メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

こころの天気図

9月1日に向けて=東京大教授、精神科医 佐々木司

 もうすぐ8月も終わる。子どもたちには夏休みの終わりと登校再開の時期となるが、同時に増えるのが自殺である。

 左下のグラフは18歳以下の自殺者の1972~2013年の合計(約1万8000人)を日付別に内閣府がまとめたものだ。9月1日、つまり多くの学校で登校の始まる日に際立って高いピークがある。40~60人程度の日が多い中、9月1日は131人、翌日の2日は94人、前日の8月31日は92人で、他の時期に比べ明らかに多い。学校が死ぬほどつらい場所になっている子もいるということだ。

 大人より少ないとはいえ、18歳以下の自殺は年間数百人に達する。小学生が数人~10人前後、中学生が5…

この記事は有料記事です。

残り711文字(全文999文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛毒魚、購入者が届け出「食べたが、元気だ」
  2. 世界の雑記帳 工場から液状チョコあふれ道路に、ドイツ西部で消防隊が緊急出動
  3. 服のにおい女性に嗅がせた51歳男逮捕
  4. ミナミ拠点の半グレ集団「アビス」リーダーら数十人逮捕 傷害容疑など
  5. 危険生物 徳島の磯で猛毒ダコ捕獲 注意呼びかけ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです