メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地域医療を考える

糖尿病網膜症 出にくい自覚症状、定期検査を 松山・ほりうち眼科クリニック、堀内院長に聞く

 糖尿病の3大合併症の一つ、糖尿病網膜症は早期に治療を始めることで、失明のリスクを大幅に減らすことができる。日帰りの硝子体手術にも対応し、患者のクオリティー・オブ・ビジョン(視覚の質)を第一に治療を行っている、ほりうち眼科クリニック(松山市柳井町)の堀内良紀院長(42)に糖尿病網膜症の現状を聞いた。

成人の失明原因2位

 --糖尿病網膜症の患者さんはどのようなきっかけで受診されるのですか。

 ◆「糖尿病と診断されたので目は大丈夫かと思って」と、言って受診される患者さんが増えています。

この記事は有料記事です。

残り2954文字(全文3195文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS NGT48山口真帆、調査結果に不満「今までずっと耐えてきました」
  2. 「いつか酒でも飲みながら」ゴジラ、イチロー引退にしみじみ
  3. トゥルシンバエワ「信じられない」シニア女子初の4回転サルコウ成功
  4. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  5. JR四国赤字路線 廃線か上下分離か、地元との協議本格化へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです