メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歌謡ルネサンス

解釈を優先して/やっと歌を語る=専門編集委員・川崎浩

解釈を優先して

 歌謡曲歌手において「声」の魅力に勝るものはない。音程だリズムだ、と言ったところで声に華がなければ売れっ子にはならない。秋元順子は、何にも増して、まずその魅惑の声にひきつけられる。響きが別格である。天性のものと誤解されがちであるが、鍛錬のなせる業である。

 新曲「夢のつづきを…」(キング)も花岡優平が秋元の声に合わせて詞曲を書いている。「ロマンチックな昭和の懐かしさ漂う歌謡世界。私は『歌の主人公がどうする』など演じることより『この歌は何を表現したいか』という解釈を優先する…

この記事は有料記事です。

残り368文字(全文612文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 就職活動でOB訪問の女子学生にわいせつ容疑 大林組社員逮捕
  2. 許さない 性暴力の現場で/4 兄からの虐待 逃げ得…納得できない /群馬
  3. セクハラ 女子学生と13泊の准教授を停職処分 弘前大
  4. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬
  5. 芸能 被害女性は新井容疑者を俳優と分からず 熟練セラピストでショックで店辞める(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです