メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

リスタート

タカギ北九州・女子ソフト/上 突然のシンデレラ物語 東芝北九州解散、苦難の4年間 企業所属で目指す東京五輪

 夏の太陽が照りつける北九州市小倉北区の東港グラウンドに、選手たちの大きな声が響いていた。今年2月に創部した浄水器メーカー「タカギ」の女子ソフトボール部。選手たちは大粒の汗を流し、ユニホームを泥だらけにしてボールを追った。軽快にノックしていた原田明香(さやか)・監督兼選手(34)は「見ている人たちに感動を与えられるように必死にプレーしたい」と真っ黒に日焼けした顔をほころばせた。

 昨年11月、ソフトボールのクラブチーム「CLUB北九州」の選手兼監督だった原田さんはスポンサーだっ…

この記事は有料記事です。

残り865文字(全文1105文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  2. 財務省 森友交渉記録、答弁に合わせ廃棄 理財局職員指示
  3. 愛知県警 犬山で似た男目撃 鑑定留置中に逃走、指名手配
  4. 道交法違反容疑 交差点でこたつ、2人目を逮捕 京都府警
  5. 愛媛県文書 安倍首相内容否定に中村知事「そうですか…」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]