メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

リスタート

タカギ北九州・女子ソフト/上 突然のシンデレラ物語 東芝北九州解散、苦難の4年間 企業所属で目指す東京五輪

 夏の太陽が照りつける北九州市小倉北区の東港グラウンドに、選手たちの大きな声が響いていた。今年2月に創部した浄水器メーカー「タカギ」の女子ソフトボール部。選手たちは大粒の汗を流し、ユニホームを泥だらけにしてボールを追った。軽快にノックしていた原田明香(さやか)・監督兼選手(34)は「見ている人たちに感動を与えられるように必死にプレーしたい」と真っ黒に日焼けした顔をほころばせた。

 昨年11月、ソフトボールのクラブチーム「CLUB北九州」の選手兼監督だった原田さんはスポンサーだっ…

この記事は有料記事です。

残り865文字(全文1105文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  2. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「4回転半は試合で飛ばないと意味ない」羽生結弦の一問一答(下)
  5. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです