メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

街の記憶

駅いまむかし 小田急・京王線 下北沢駅 夢集う何かがある街

現在の駅南口に立つ下平さん(中央)。南口は整備の一環で今年度中に取り壊される

 小田急線が地下化し、今も周辺整備が進む下北沢駅。変貌を止めない駅前で、下平(しもだいら)憲治さん(55)は「人がワイワイ、ガヤガヤ集まる雑多なシモキタを守っていきたい」と笑みを見せた。

 進学のため1980年に18歳で上京。改札を出ると、小さなマーケットが路地にひしめいていた。音楽少年だった下平さんは「シモキタはジャズの流れるニューオーリンズみたいな街」と思い込んでいた。そんな幻想は早々に砕け散ったが、ごった煮のような街には「カッコいい連中がいっぱいいた」と言う。

 新宿や渋谷に近く、沿線は大学も多い。老舗ロックバー「Never Never Land」などに、音楽…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  4. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  5. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです