メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

命ある限り

中国残留孤児のいま/8 3世の思い 私はいったい何人なのか /兵庫

「幼い頃は漠然とハーフだと思っていた」と話す田中はるかさん(右)。隣は母美恵さん=兵庫県西宮市内で、元田禎撮影

 「中国『残留日本人孤児』を支援する兵庫の会」(神戸市東灘区)は、中国帰国者と市民をつなぐ交流誌「有隣通信」を定期的に発行する。6月末発行の20号に「3世・田中はるかさん 残留孤児問題の卒論で優秀賞」の記事があり、興味を抱いた。神戸大を今春卒業した田中はるかさん(23)は大手化学メーカーに就職し、現在は千葉県内で暮らす。お盆休みで西宮市の自宅に帰省すると聞き、田中さんに話を聞いた。

 小学校低学年の頃、「自分はひょっとしたらハーフかも」と思った。運動会や遠足の弁当の中身に「エビチリ…

この記事は有料記事です。

残り1145文字(全文1387文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  2. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ
  3. 大相撲 稀勢の里「悔しい。今場所は申し訳ない」
  4. 秋田 記者が通報、北朝鮮の木造船 船内捜索も見守る
  5. 平井科技相 宛名のない領収書61枚 選挙費の5割

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです