メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地域医療を考える

認知症の周辺症状 徘徊や暴言、抑うつ状態 寄り添うケアで改善 家でも生活リズム整えて

 認知症患者と予備軍(軽度認知障害=MCI)を合わせるとすでに1000万人を超えているとする研究者もいる。患者の行動や言動をスタッフが全肯定することで、暴言や徘徊(はいかい)などの症状を改善して、穏やかな生活を送れるようにしている橋本病院(三豊市山本町)の橋本康子理事長(60)に認知症患者家族に役立つケアの要点を聞いた。

 -1時間前に食べた昼食のことを忘れたり、子どもの顔がわからなかったり、徘徊したり、家族に突然、当た…

この記事は有料記事です。

残り2923文字(全文3134文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 高齢秋田犬がお手柄 散歩中におばあちゃん助ける
  2. 男女一緒、あらためて大人の性教育 60代も学んだ最新の避妊法
  3. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  4. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  5. 他人のPCで「無断採掘」無罪 仮想通貨のプログラム設置男性 横浜地裁判決

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです