メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新本屋道

キラリの一店/5止 ブックスキューブリック(福岡市中央区、同市東区) 「棚を耕す」身上

選び抜かれた本が詰まった空間は書斎のようだ。店主の大井実さん=鶴谷真撮影

 「ばかなことはおやめなさい」と老舗書店の店長に説得されたという。大井実さん(56)が福岡市で、素人同然ながら本屋を開く準備をしていた頃だ。大型書店チェーンが激戦を繰り広げていた2001年、39歳で同市中央区のけやき通りに約50平方メートルの小さな「ブックスキューブリック」を開店。店名は伝説的な映画「2001年宇宙の旅」の監督、スタンリー・キューブリックから拝借した。

 文学など芸術、政治経済、人文・自然科学。食や旅。硬軟の雑誌。小遣いを握りしめる小学生のために『コロ…

この記事は有料記事です。

残り1151文字(全文1386文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 盗難の松本清張全集、ファン寄贈 北九州の図書館、書棚に戻る
  2. 住宅ローン減税、現行の10年から13年に 3年延長検討 消費増税対策で
  3. ふるさと納税 高額返礼品廃止で急減「ふり回された」
  4. ふるさと納税、偽サイト乱立 大幅「割引」うたい返礼品届かず 福岡県警が捜査
  5. 麻生財務相の言いたい放題、なぜ許される 批判の声と許容の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです