メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新本屋道

キラリの一店/5止 ブックスキューブリック(福岡市中央区、同市東区) 「棚を耕す」身上

選び抜かれた本が詰まった空間は書斎のようだ。店主の大井実さん=鶴谷真撮影

 「ばかなことはおやめなさい」と老舗書店の店長に説得されたという。大井実さん(56)が福岡市で、素人同然ながら本屋を開く準備をしていた頃だ。大型書店チェーンが激戦を繰り広げていた2001年、39歳で同市中央区のけやき通りに約50平方メートルの小さな「ブックスキューブリック」を開店。店名は伝説的な映画「2001年宇宙の旅」の監督、スタンリー・キューブリックから拝借した。

 文学など芸術、政治経済、人文・自然科学。食や旅。硬軟の雑誌。小遣いを握りしめる小学生のために『コロ…

この記事は有料記事です。

残り1151文字(全文1386文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 卑わいな言動容疑 「5年前から盗撮やのぞきを300回」
  2. 千葉の路上 男性、背中刺される 通り魔か 容疑者は逃走
  3. 消えない傷 性的虐待に遭って 第3章/4 「少し変な話」は大事なサイン
  4. 障害者施設 元職員の女性「虐待告発したら報復でうつ病」
  5. 仮想通貨 流出ネム580億円、資金洗浄完了か 専門家

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]