メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

学校から

第2部 中国共産党大会を前に/5止 人気学区の住居高騰 毎年制度変更、入学は運

北京の公立中学校の学校開放日で、入学制度や教育方針、設備を熱心に質問する保護者たち=2017年5月6日午前8時35分、河津啓介撮影

 中国の都市部で、優良な公立小中学校に通える学区の住居が「学区房」と呼ばれ、価格が高騰して久しい。1平方メートル10万元(約165万円)を超える物件も珍しくない。

 中国の義務教育は日本と同じ9年間、入学する公立校は学区によって決まる。ただし、中国は学校間の教育設備、教員の質の差が大きい。「重点校」と呼ばれる一部の学校に予算を集中投入してきたからだ。教師の定期異動がないことも、格差に拍車をかける。だからこそ、親たちは学校選びに血眼になる。

 北京の大学で働く中国語講師の女性は2015年、息子の幼稚園入園を前に人気学区の住宅を購入した。女性…

この記事は有料記事です。

残り681文字(全文951文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ローマ・カトリック教会 前田大司教を枢機卿に任命
  2. 安倍首相 観閲式視察 中国、北朝鮮をけん制
  3. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
  4. NHK杯体操 男子個人総合 内村が10連覇
  5. 旧優生保護法 強制不妊、妻に言えず 提訴の男性「人生返して」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]