メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・カルチャー

学校資料 歴史と思い出の宝を守る 地域や教員、価値の共有から

教育現場の忙しすぎる現実 整理や活用を専門家が支援

 学校所蔵資料の廃棄や散逸が社会問題となる中、「地域のお宝」を守ろうと、各地の博物館を中心に保存・活用に向けた取り組みが広がりつつある。一方、スペースや人手の問題で資料をうまく整理できず、活用どころではないなど現場が置かれた状況とは隔たりがあるのも現実だ。統廃合や自然災害などで貴重な資料が失われる前に、専門家と教員、地域住民らが価値の共有を図るとともに、保存・活用に向けたバックアップの仕組み作りが急がれる。【林由紀子】

 和崎光太郎・京都市学校歴史博物館学芸員によると、学校資料の危機が叫ばれ始めたのは、自治体がこぞって…

この記事は有料記事です。

残り1692文字(全文1978文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  2. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
  3. RSウイルス感染症 流行始まる 乳幼児、早めに受診を
  4. 兵庫・ダム遺体 大阪の男2人逮捕 死体遺棄容疑
  5. 鍾乳洞 夏でも気温16度 ひんやり涼求め 北九州

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです