メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

音楽玉手箱

原信夫/下 生きるためのジャズ=専門編集委員・川崎浩

 日本を代表するビッグバンド「シャープス&フラッツ」を率い、美空ひばりの「真赤な太陽」を作曲した音楽家・原信夫は、終戦の1945年、横須賀の海軍軍楽隊にいた。「上官はさっさと帰郷、『マッカーサーのお迎え演奏に行け』なんて命令も出たがさすがに行かなかったね」。当時大金だった700~800円の退職金をもらい、ためていた配給のたばこと上官のバイオリンを交換した。19歳の原は窓ガラスが全部割れた列車を乗り継いで故郷の富山を目指した。

 その時の心象を、原は意外とさばさばと思い出す。生きている喜びをかみしめる前に、生き延びなければなら…

この記事は有料記事です。

残り1046文字(全文1310文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. Dr.北村が語る現代思春期 危険な「セクスティング」 削除できない性的画像
  2. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  3. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  4. 水難事故 小学生3人溺れ、9歳男児が死亡 2人は無事 大阪
  5. 最年少町長3カ月 2児の母過疎地で奮闘「めげない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです