メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

街の記憶

駅いまむかし 相鉄いずみ野線・緑園都市駅 大学と教会が彩り /東京

現在の緑園都市駅。改良工事で上下線のホームに設置された展望台と庭園は今も健在だ

 横浜市旭区の二俣川駅と神奈川県藤沢市の湘南台駅の11・3キロを結ぶ相模鉄道(相鉄)いずみ野線。緑園都市駅(横浜市泉区)は沿線のニュータウン開発の中心駅として、1976年4月8日に開業した。緑にあふれ洗練された都市型の生活を送れる街をイメージし、その名がつけられた。

 相鉄で長年、緑園都市の開発に携わった山岡進さん(70)は「駅の周りは田んぼばかり。雨が降るとぬかるんで、長靴がないと歩けなかった」と開業当時を振り返る。

 それが今、改札を抜けて南万騎が原駅方面に歩くと、駅名の通り緑があふれる遊歩道「四季の径(みち)」が…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  3. 堺市長、辞意固める 政治資金収支報告書に2億3000万円不記載
  4. 次期堺市長選に維新が候補擁立の意向 松井代表、竹山氏を批判「潔くなかった」
  5. 低速で横断歩道に進入 ドライブレコーダーに運転手の叫び声も 神戸・バス事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです