メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

命ある限り

中国残留孤児のいま/9 1世の語り部 「平和の尊さ伝え続ける」 /兵庫

今も日本語教室に通う宮島満子さんは、「勉強しないと言葉は忘れる」と話す=兵庫県尼崎市の自宅で、元田禎撮影

 「紙切れに漢字やひらがなを書いたら、日本人とばれる。だから道端の砂や、雪が降ったらその上にお父さんやお母さん、きょうだいの名前を書いた。『家族の名前だけは忘れまい』と必死だった」。中国残留孤児の宮島満子さん(81)は、9歳で養父母に引き取られた遠い昔の記憶をたどる。

 2002年の東京地裁を皮切りに、孤児らは国家賠償請求訴訟を相次いで起こし、兵庫の原告団と弁護団の通訳を引き受けた。8月10日、宮島さんが暮らす尼崎市内の市営住宅を訪ね、なまりがない流ちょうな日本語に驚いた。「長年の中国生活でも、日本語は忘れなかったのですか」。的外れな私の質問に「話せる相手がいなかったし、話せる訳もなかった。だから日本語は忘れてしまった。うちは、日本に帰国してから必死に覚えたんよ」と笑った。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大坂なおみ選手の肌白く表現 日清食品が謝罪と米英紙
  2. スバルが国内生産停止 ハンドル補助装置に不具合
  3. 女子中学生が意識不明 殺人未遂容疑で母親を逮捕 前橋
  4. 鉄道事故 インフル感染、線路に転落か 女性死亡 東京・中目黒駅
  5. 日露首脳 思惑の差はっきり 領土交渉の長期化は不可避か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです