メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

子ども議会

身近な課題考える夏休み まちの将来、子どもの目鋭く 中学生、平戸市長に医師確保など問う /長崎

平戸市議会の演壇に立って質問する女子中学生

 平戸市議会の議場で25日、「子ども議会」が開かれ、市内9中学校の生徒代表計18人が黒田成彦市長ら市幹部に医師確保やまちづくりなど、市が抱える課題について中学生の視点から質問した。黒田市長は「悩ましい問題に鋭く切り込まれた。応えられるよう解決に努力したい」と襟を正していた。

 生徒たちは市議会の辻賢治議長から1人ずつ議員…

この記事は有料記事です。

残り241文字(全文401文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 女性描くリアルな “油絵”がSNSで反響「興味のない人にも届けたい」
  2. WEB CARTOP 新東名高速の6車線化が決定! 渋滞もしていないのに900億円をかけて実施する理由とは
  3. みなとみらいにロープウエー 20年開業目指す 桜木町駅と運河パーク結ぶ
  4. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  5. 堀ちえみさん、11時間にわたるがんの手術終わる 夫がブログで報告

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです