メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

東方神起の復活と株価=ローカルファースト研究所代表取締役・関幸子

 「冬ソナ」から15年、ヨン様に心奪われた中高年マダムは数百万人にも達し、その経済効果は数千億円と言われた。実は冬ソナ最大の功績は、マダムをパソコンの前に座らせ、インターネットとEコマースの上級者に仕立てたことにある。

 時は移り、K-POPの隆盛とともにマダムはパソコンの前を離れ、お気に入りのスターを追いかけ、アジア全域に大挙して押しかけている。スマートフォンを片手に、各国のファンと言葉の壁を越え情報を共有し、スターの動向を瞬時に把握し、自由自在に動き回っている。この8月には、アジアで最も成功したと言われる東方神起の2人が兵役を終え、2年ぶりにユニットを再結成…

この記事は有料記事です。

残り426文字(全文709文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  2. 空き巣 インスタで標的決定 容疑で少年ら35人摘発 愛知県警
  3. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  4. 大相撲 稀勢の里「悔しい。今場所は申し訳ない」
  5. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです