メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

縁の下の誇り

五輪で日本どう変える=渡辺守成

メルケル独首相(中央)らと「ドイツ体操祭」を観戦する渡辺会長(右)=FIG提供

 

 今年1月に国際体操連盟(FIG)の会長に就任し、既に29カ国・地域を訪問しました。私も想像していなかったのですが、多くの国で首相や大統領、スポーツ相らの歓迎を受け、それぞれの国でのスポーツ政策についての議論に多くの時間を費やしました。どの国も教育や高齢化社会、環境問題など社会的な課題にスポーツを通じて取り組もうとする姿勢を強く感じます。

 例えば、6月にベルリン・五輪競技場で開催された「ドイツ体操祭」にはドイツ国内から約8万人が参加。子…

この記事は有料記事です。

残り708文字(全文929文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界遺産 光のアート、幻想的に 京都・下鴨神社
  2. 中央省庁 障害者雇用、水増しか 42年間 政府調査開始
  3. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
  4. 障害者雇用 2省、水増し認める 国交、総務 手帳ない職員も算入
  5. 愛知 少女の裸動画を拡散容疑 高校生ら14人書類送検 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです