メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

縁の下の誇り

五輪で日本どう変える=渡辺守成

メルケル独首相(中央)らと「ドイツ体操祭」を観戦する渡辺会長(右)=FIG提供

 

 今年1月に国際体操連盟(FIG)の会長に就任し、既に29カ国・地域を訪問しました。私も想像していなかったのですが、多くの国で首相や大統領、スポーツ相らの歓迎を受け、それぞれの国でのスポーツ政策についての議論に多くの時間を費やしました。どの国も教育や高齢化社会、環境問題など社会的な課題にスポーツを通じて取り組もうとする姿勢を強く感じます。

 例えば、6月にベルリン・五輪競技場で開催された「ドイツ体操祭」にはドイツ国内から約8万人が参加。子…

この記事は有料記事です。

残り708文字(全文929文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神奈川・茅ケ崎 90歳運転、6人はねる 女性1人死亡
  2. 参院予算委 首相、昭恵氏の影響否定 集中審議
  3. ORICON NEWS 木村拓哉&工藤静香の次女・Kokiがモデルデビュー 『ELLE JAPON』表紙飾る
  4. 東京駅 「銀の鈴」50周年 歴代の鈴が一堂に
  5. 森友問題 理財局、口裏合わせ要請認める ごみ撤去巡り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]