メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自民

高村氏、18年の改憲発議目指す

自民党の高村正彦副総裁=東京・永田町で、中村藍撮影

 自民党の高村正彦副総裁は29日、横浜市内で講演し、「いくつかの党と組んで出すかもしれないが、憲法改正原案を来年に出したい」と述べ、来年の通常国会で改憲原案を提出して発議も目指す考えを示した。

     東京都議選の惨敗直後、高村氏は安倍晋三首相に「これからは憲法は党にお任せいただきたい」と伝え、首相もその後の記者会見で「スケジュールありきではない」と述べていた。しかし、29日の高村氏の講演内容は、首相が都議選前に言及した「2020年の新憲法施行」を念頭に党内議論を進める考えを示した形だ。

     高村氏の講演は麻生派の研修会で行われた。首相が6月に「臨時国会で自民党案を提出したい」と発言したことについて、高村氏は「必ずしも原案を出すという意味ではない。遠くない時期に党で意見がまとまれば、我々の考え方を衆参の憲法審査会に出して(各党と)議論する」と説明。自民案を示す場合は「たたき台」だとの認識を示した。「無理すると国民投票でマイナスが出てくる」とも語り、丁寧な議論が必要だとした。

     また、党憲法改正推進本部(本部長・保岡興治元法相)は、役員変更で延期していた全体会合を9月12日に開くと決めた。新体制の初会合で、憲法9条の議論を再開する。【田中裕之】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 宮城 交番で警官刺され死亡、拳銃発砲で刃物の男も死亡
    2. 北海道地震 「セイコーマート」95%が営業できた理由は
    3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
    4. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ
    5. クローズアップ2018 交番襲撃・発砲 想定外、侵入者の銃使用 学校・警察、対策及ばず

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです