メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「戦争の世紀」研究

現代史と国際政治の視点から/29 独ソ開戦 対枢軸「大同盟」促す

独ソ戦で破壊されたソ連軍戦車の残骸=1941年10月

米、英国防衛のためソ連支援へ 対日政策にも「重大な結果」

 1940年11月、ソ連のV・モロトフ外相は英国と交戦中のナチスドイツを初めて訪れ、A・ヒトラーと会談した。日独伊の枢軸陣営とソ連を結ぶJ・リッベントロップ独外相の「四国協商」が提議されたが、I・スターリン腹心のモロトフはヒトラーが嫌ったバルカン半島での勢力圏確保を譲らず、半月後の独政府宛て外交通牒(つうちょう)で改めて繰り返した。<通牒を受け取って一カ月もたたずに、ヒトラーは、いわゆる「バルバロッサ作戦」準備の命令を下した>(ジョージ・F・ケナン『レーニン、スターリンと西方世界』未来社)

 ヒトラーは対ソ戦の準備を翌41年5月に完了させるよう命じた。<彼は(同盟国)日本にはこの秘密を決し…

この記事は有料記事です。

残り1640文字(全文1965文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加害者更生 ストーカー治療2割 大半が受診拒否
  2. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
  3. 安倍首相 観閲式視察 中国、北朝鮮をけん制
  4. 介護 人手不足続く 需要高まるも負担増で悪循環に
  5. 故郷遥か 川口のクルド人 第3部/1 来日16年、入管収容の女性 「日本にいさせて」 /埼玉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]