メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「戦争の世紀」研究

現代史と国際政治の視点から/29 独ソ開戦 対枢軸「大同盟」促す

独ソ戦で破壊されたソ連軍戦車の残骸=1941年10月

米、英国防衛のためソ連支援へ 対日政策にも「重大な結果」

 1940年11月、ソ連のV・モロトフ外相は英国と交戦中のナチスドイツを初めて訪れ、A・ヒトラーと会談した。日独伊の枢軸陣営とソ連を結ぶJ・リッベントロップ独外相の「四国協商」が提議されたが、I・スターリン腹心のモロトフはヒトラーが嫌ったバルカン半島での勢力圏確保を譲らず、半月後の独政府宛て外交通牒(つうちょう)で改めて繰り返した。<通牒を受け取って一カ月もたたずに、ヒトラーは、いわゆる「バルバロッサ作戦」準備の命令を下した>(ジョージ・F・ケナン『レーニン、スターリンと西方世界』未来社)

 ヒトラーは対ソ戦の準備を翌41年5月に完了させるよう命じた。<彼は(同盟国)日本にはこの秘密を決し…

この記事は有料記事です。

残り1640文字(全文1965文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夏の高校野球 秋田県民「正直驚いた」金足農快進撃のなぜ
  2. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  3. 夏の高校野球 大阪桐蔭、2度目の春夏連覇 史上初
  4. 夏の高校野球 個の力に頼らない強さ 大阪桐蔭
  5. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです