メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

若者フリーゾーン

伝統と改革、両立目指す 早稲田大学応援部代表委員主将・桜井康裕さん(22)

=渡部直樹撮影

 <くらしナビ おとなへステップ>

桜井康裕(さくらい・やすひろ)さん(22)

 社会科学部4年ですが、入学当初は応援(おうえん)部に全く興味がありませんでした。サークルに入るつもりでしたが、4月(がつ)中(ちゅう)旬(じゅん)に野球部の法政大学との試合を観戦し、考えが変わりました。試合は負けていましたが、応援は続いていました。終(しゅう)盤(ばん)に逆転本(ほん)塁(るい)打(だ)が出たのです。早大の応援歌「紺(こん)碧(ぺき)の空」を歌うスタンドの一体感に感動し、応援の力を感じました。これが入部のきっかけとなりました。

 漫(まん)画(が)の影(えい)響(きょう)もあり、「応援団は時(じ)代(だい)遅(おく)れなアホな…

この記事は有料記事です。

残り710文字(全文1022文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 就職活動でOB訪問の女子学生にわいせつ容疑 大林組社員逮捕
  2. 芸能 被害女性は新井容疑者を俳優と分からず 熟練セラピストでショックで店辞める(スポニチ)
  3. セクハラ 女子学生と13泊の准教授を停職処分 弘前大
  4. 許さない 性暴力の現場で/4 兄からの虐待 逃げ得…納得できない /群馬
  5. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです