メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

不法移民

送還か、猶予継続か 迫るトランプ氏判断期限

 子供の時に米国に入国した不法移民に対し強制送還を猶予するオバマ前政権の移民改革制度が、存廃の危機にさらされている。共和党の地盤である南部テキサス州など10州の司法長官が「制度は違法だ」としてトランプ政権に書簡を送り、9月5日までに廃止に同意しなければ法廷で争うと求めたからだ。回答期限を目前に控え、制度で救済された移民の若者らが継続を求め、市民に訴える活動を続けている。【ロサンゼルス長野宏美】

 問題となっている制度は、親に連れられて米国に入国した不法移民について、オバマ前大統領が一定の条件で…

この記事は有料記事です。

残り772文字(全文1020文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  2. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  3. 大相撲秋場所 栃ノ心、横綱つり上げ破る 理事長も驚く
  4. 傷害致死 8歳長男、死なせた疑い 「頭を殴った」父親逮捕 奈良
  5. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです