メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・アートを歩く

芸術さんぽ ちひろ美術館・東京(東京都練馬区) /東京

ちひろが愛用した画材や家具、蔵書などが置かれた「ちひろのアトリエ」=ちひろ美術館・東京で

自宅アトリエを再現

 机の左側に絵筆が並べられ、丸めた画用紙が置かれている。生涯にわたり子どもを題材にした作品を描き続けた画家、いわさきちひろ(1918~74年)。館内にある復元アトリエは、今もちひろ本人が絵を描いているような雰囲気だ。壁紙や床板は、実際にちひろの自宅アトリエにあったものを使っている。

 ちひろ美術館・東京は、ちひろの没後の77年、自宅跡に、当時は世界でも珍しかった絵本専門の美術館として開館した。ちひろ以外にも34の国と地域206人の絵本画家の作品約1万7700点を所蔵。子どもたちに、人生で初めて訪れる「ファーストミュージアム」として親しんでもらえるよう、作品は子どもが見やすいように、その中心が床から1メートル35セ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アクセル決めた!紀平、笑顔のフィニッシュで220点台
  2. ORICON NEWS NGT48山口真帆、調査結果に不満「今までずっと耐えてきました」
  3. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  4. 紀平猛追及ばず4位 ザギトワが優勝 フィギュア世界選手権
  5. ピエール瀧容疑者に薬物譲渡疑い、通訳業の女を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです