メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

象徴として

第1部 沖縄への思い/2 住民犠牲「悲しみ、痛恨」

ひめゆりの塔前で火炎瓶が投げつけられる事件が起き、避難される天皇、皇后両陛下(当時は皇太子ご夫妻)=1975年7月17日

 天皇、皇后両陛下が初めて沖縄を訪問されたのは、皇太子ご夫妻時代の1975年7月17日。本土復帰の3年後だった。地上戦の生々しい記憶から皇室への反発は根強く、県内の空気は緊迫した。事件は、最初の訪問先、「ひめゆりの塔」の前で起きた。

 両陛下が塔に供花した直後、壕(ごう)に潜んでいた男が火炎瓶を投げつけた。瓶は両陛下からわずか数メートルの場所で炎を上げた。

 「慰霊されるお二人に、なんということを」。東京でニュースを見た元沖縄放送協会会長の川平朝清(かびら…

この記事は有料記事です。

残り1243文字(全文1471文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 皇室 小室家側に「国民が納得できる説明を」秋篠宮ご夫妻
  2. 不明 2歳児無事発見 ボランティア、山中で保護 山口
  3. 富田林署逃走 本部長が謝罪コメント「多大なご不安」
  4. プロ野球 広島がマジック点灯「32」
  5. 2歳児保護 見つかったのは560メートル先の山中

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです