メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西鉄ライオンズ最強伝説

黄金期編/5 3連敗、そこから

 3年連続日本一を目指す1958年の西鉄ライオンズは、オールスター戦前に首位・南海ホークスに11ゲーム差もつけられた。野手に故障者が相次ぐなどして低迷し、リーグ制覇は絶望的だった。しかし後半戦、エースの故稲尾和久さんの活躍などで猛追し、最後は引き分けを挟む13連勝で大逆転優勝を果たした。

 だが、巨人と3年連続で顔を合わせた日本シリーズにその勢いが出ない。発熱に見舞われた稲尾さんも万全でなくあっという間に3連敗した。

 本拠地・平和台球場(福岡)で3敗目を喫した夜、雨が降り出した。翌朝もやまず、第4戦の中止が決まる。…

この記事は有料記事です。

残り480文字(全文739文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ロシアW杯 まさかの一発退場 追い詰められたコロンビア
  2. サッカー日本代表 最高のシナリオ 取り戻した一体感
  3. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  4. 大阪震度6弱 お店、徐々に再開 一部工場で操業停止続く
  5. サッカー日本代表 大迫決勝ヘッド コロンビアを撃破

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]